カーテンや衣服を短くするときに元の裾を保つ方法

ロレッタはおばあちゃんの足踏みミシンで縫うことを学びました。彼女は7年生から自分の服を縫い始め、今でも生地の仕事を楽しんでいます。

以前の暗いカーテン。新しく短くなった、軽いカーテン。数年前に黒と金を作りました。



以前の暗いカーテン。新しく短くなった、軽いカーテン。数年前に黒と金を作りました。

元の裾を失わない方法

数年前、私も作った金と黒の掛け布団と調和するように、これらの金と黒のカーテンを作りました。ライトアップの時期だと感じ、新しいカーテンを探しました。私が見つけた唯一のものは84または96インチの長さでした。私のテレビとサウンドシステムの配置のために、それらは長すぎました。テーブルの上に触れるだけの長さが必要でした。



少しキラキラした84インチの薄手のカーテンに決めました。 21/4インチの裾はうまく折りたたまれて仕上げられました。合計8枚のパネルがあり、それぞれの幅は38インチで、これはすぐにほつれる生地でした。カット、フォールディング、プレス、ヘミングの各パスでほつれる304インチの生地と戦いたくなかったので、カーテンを短くして元の裾を維持することにしました。これは、私がどのようにそれを行ったかを示すためのステップバイステップガイドです。



いつものように、追加情報については各サムネイル写真をご覧ください。

これは複雑に見えるかもしれませんが、実際にはそうではありません。測定、折り畳み、縫製、裁断だけです。プロセスのアイデアを得るためにすべての写真を見て記事全体を読んでください。次に、もう一度読んで、注意が必要なテキストと写真に焦点を合わせます。その時点で、あなたは縫う準備ができています!

購入したカーテン。 2セット購入しました。

購入したカーテン。 2セット購入しました。

ステップ1:完成した長さを決定する



ロッドからボトムまでのカーテン、衣服の裾、袖の長さなど、完成した長さを測定します。

もう一度測定します。格言「2回測定、1回カット」を聞いたことがありますか?これは従うべき素晴らしい習慣です。

56インチの完成した長さが必要でした。これ以上は電子コードに干渉し、短くなると奇妙に見えます。

カーテンの最終的な長さを決定します。購入した84インチのカーテンを56インチに短くする必要があります。 カーテンの最終的な長さを決定します。購入した84インチのカーテンを56インチに短くする必要があります。 うん。 56インチが私の目標です。



カーテンの最終的な長さを決定します。購入した84インチのカーテンを56インチに短くする必要があります。

1/2

ステップ2:カーテンまたは衣服を完成した長さに折ります

元の裾はその'から21/4インチです。その縫い付けられた端に底。 56インチの長さからの違いは533/4インチです。これは私が欲しいことを意味します縫製533/4マークまで折りたたむ裾の端。折りたたむ一緒に右側。

これは531/2のように見えますが、私の布と巻尺はぐらついています。オリジナルの21/4裾の底を縫い付けた部分に沿って折りたたむと、56インチのマークに当たると想像できます。これは、縫製部分の下のすべての生地が余分な生地であり、廃棄されることを意味します。



詳細については、すべてのサムネイルを参照してください。

裾の右側を一緒に折りたたんで、元の裾の下端が新しい縫い目である赤い線に沿って折り返したときに56インチのマークに当たるようにしました。 裾の右側を一緒に折りたたんで、元の裾の下端が新しい縫い目である赤い線に沿って折り返したときに56インチのマークに当たるようにしました。 巻尺の56インチのマークに注意してください。これは、元の裾の底を打つ必要がある場所です。参考までに、この写真の約513/4マークにあります。 56インチの長さをマークしたので、8つ折りたたんで廃棄します。しかし、まだです。

裾の右側を一緒に折りたたんで、元の裾の下端が新しい縫い目である赤い線に沿って折り返したときに56インチのマークに当たるようにしました。

1/3

ステップ3:エッジ全体を準備する

カスタムの長さを実現するために、既存の裾をどこに配置するかを決定しました。折りたたんだ状態で、8インチ、つまり合計16インチを廃棄します。

この測定のエッジ全体を準備します。私は小さなクリップが好きですが、それらを通り過ぎて縫うときに所定の位置にとどまることができるピンも使用します。

測定に応じて、エッジに沿ってクリップして固定します。

測定に応じて、エッジに沿ってクリップして固定します。

ステップ4:既存の裾の線に沿ってできるだけ近くで縫い、次にを押します

私はカーテンを回して、最小量の布地(折りたたまれた8インチ)が私のマシンの喉の下にくるようにします。元の裾の縫い目にできるだけ近づけて縫います。以下の最初のサムネイルは、上記の手順2の最初のサムネイルの赤い線に対応しています。

その後、最初の行から約1/4の2番目の行を繰り返します。

色の価値
  • この生地はとても簡単にほつれるので、私はこれをしています。織りシャツやその他の種類の生地で袖口をしている場合は、2列目は必要ないかもしれません。

これで、やや奇妙な作業ができました。ある長さの生地の真ん中に突き出た裾。この新しい縫い目を、裾を置きたい方向に押します。

元の裾のできるだけ近くで縫います。薄手の生地またはゆるく織られた生地の場合は、最初のステッチから1/4の別の列を縫います。 元の裾のできるだけ近くで縫います。薄手の生地またはゆるく織られた生地の場合は、最初のステッチから1/4の別の列を縫います。 あなたは私の2列のステッチを見ることができます。 1つの行は元の行に非常に近く、2番目の行は1/4インチ離れています。 これがあなたの新しい裾です。 裾を落としたい方向に押します。

元の裾のできるだけ近くで縫います。薄手の生地またはゆるく織られた生地の場合は、最初のステッチから1/4の別の列を縫います。

1/4

ステップ5:余分な生地を切り取る

今が余分な生地を切り取る時です。最新の縫製ラインの近くで、既存の裾の下を慎重にカットします。

最新の縫製ラインの横にある余分な生地を切り取ります。

最新の縫製ラインの横にある余分な生地を切り取ります。

ステップ6:必要に応じて新しい裾をトップステッチする

私はこの生地の振る舞いのためにこの裾をトップステッチしました。目標によっては、トップステッチをしたくない、またはする必要がない場合があります。

新しい裾をトップステッチして、きれいに平らに置きます。 新しい裾をトップステッチして、きれいに平らに置きます。 新しい裾の下側。

新しい裾をトップステッチして、きれいに平らに置きます。

1/2

ステップ7:プロジェクトを確認して押す

目標を達成したことを確認します。私の完成した長さは確かに56インチです。

自信がない場合は、最初にスクラップ生地または古い衣服で練習してください。これは、装飾や機能のために元の裾を所定の位置に保つための優れた方法です。

完成した作品を押すか蒸します。

これで、新しいカーテンが正しい長さになりました。 これで、新しいカーテンが正しい長さになりました。 元の裾が所定の位置にある56インチの長さ。 カーテンや衣服を押すか蒸します。余分な生地をサッシとして使ってカーテンを結びました。

これで、新しいカーテンが正しい長さになりました。

1/3

ステップ8:完成品。ハングしてお楽しみください!

こちらが、元の裾を残した、新しく短くしたカーテンです。余分な生地を使ってサッシを作り、中央で結びました。

家の周りの衣服やその他のアイテムをさらに活用するために、これがお役に立てば幸いです。楽しい。

カーテンを短くしたときに元の裾を維持する方法-このテクニック-衣服に使用することもできます-また

このコンテンツは、著者の知る限り正確で真実であり、資格のある専門家からの正式で個別のアドバイスに代わるものではありません。

2020サンプソンズ

コメント

サンプソンズ(著者)2020年10月14日にミズーリ州オザークから:

エイミー-どうもありがとう。これがお役に立てば幸いです。

エイミー2020年10月14日:

これらの素晴らしいアイデアを共有していただきありがとうございます。あなたの詳細な指示を追加しました。